ファーストリビング株式会社

ファーストリビング株式会社は、常にお客様の立場に立ちながら、革新し、挑戦し続ける会社を目指します。

電話番号
メニュー

どんなときも「今」を頑張る

苦手分野の中に活路を見出したい

前職の小売業界では様々なステージ・役割など、たくさんの経験をさせて頂きました。入社して幾年か経過し、自分自身に理由なき限界を感じていました。今思えば独りよがりな考えでしたが「もっと自分将来について考えなくてはいけない」思い切って充電期間を設けることにしました。そこで導き出した答えが「苦手な分野に身を置く」ことでした。自分の可能性がそこにある。そう確信めいたものを感じていました。

未経験を補うには情熱しかない

職探しの時に、不動産物件管理の求人募集を見つけ、興味を持ち応募しました。それがファーストリビングとの出会い。小売りは不特定多数のお客様。今回は物件管理を任せて頂いているオーナー様。お客様の一人ひとりの顔が見える仕事です。要望・リクエストも実に多岐にわたります。それだけに「待ち」の姿勢では駄目で「自ら働きかける」ことが必要です。「これだ!」そう思い、迷うことなく入社を決めました。

情熱とコツコツさを評価

オーナー様の要望のひとつに「空室対策」があります。これにはお部屋探しのお客様に対してもアンテナを張ることが必要になります。私の中にアンテナがまたひとつ増えました。その中からできることをひとつひとつ取り組み始め行動。すぐには大きな成果につながりませんが仕事の幅が広がっていくことが実感できました。そんな自分に会社は次のステージを用意してくれました。コツコツ取り組みを評価してくれたのは本当にうれしかったし、モチベーションアップにつながりました。

本質を見極め情熱を持って取り組む

一般職から課長職を拝命し、アンテナがもうひとつ増えました。「オーナ様」「入居者様」続いて「管理部門のスタッフ」です。社外だけでなく社内に目を配る。私の仕事が「業務」から「事業」にシフトしているのを実感しています。「物事の表面でなく本質を見る」こと。少しづつですが理解できるようになってきました。不動産管理事業の本質について考える。そしてその本質に情熱を注ぎ続けること。これがこれからの私のミッションです。

私の成長の軌跡

目の前の業務に全力で取り組み、課題にひとつひとつ取り組んでいく。その積み上げがキャリアアップにつながった。

黒木 友彦

1982年 宮崎県生まれ/2012年入社
「管理部門責任者」「プロパティーマネージメント業務」「リノベーション業務」などを担当。